腰痛によるマッサージ通い

私は、学生時代に飲食店でのアルバイトを行っており、勤務中は常に立ちっぱなしでした。アルバイトを始めた当初は全く気にしておりませんでしたが、半年ほど経った頃、朝起きて腰がつったように痛い日がありました。そのため、近所のマッサージ屋を検索して行ってみました。行ってうつぶせになり、背中を触られて最初に言われた言葉が、これはひどいね、というものでした。自分では気づきませんでしたが、自分の姿勢の悪さと長時間の立ち仕事が重なり、腰に相当な負担が掛かっていたようです。それにつられて、肩、首、頭とこりがたまっていて腰から全身が悪くなっていたということでした。当初60分で予約していたところを90分に延長して、集中的に行ったもらったことで、腰がみちがえるように軽くなり、まるで視界が明るくなったようでした。それ以降は毎月1回程、マッサージに通うようになりました。現在はデスクワークとなったため、いつも以上に姿勢には気を使ってはいますが、やはり毎月のマッサージで腰への負担がひどいことを指摘されます。あまりマッサージへ通わないという人も多いかと思いますが、もはや自分にとっては欠かせないものとなりました。行きつけの店は持ちつつ、新規開拓も積極的に行っています。ある意味一つの楽しみになりました。

ホームに戻る